宇宙との対話V6-12 生物が住んでいる可能性のある惑星を発見! Discovered a plan

生物が住んでいる可能性のある惑星を発見! Discovered a planet inhabited by creatures!

2011年12月5日 NASA=アメリカ航空宇宙局発表
発見された惑星(ケプラー22b)は地球から600光年と少し離れていますが、大きさは地球のおよそ2.4倍、太陽によく似た恒星の周りを290日かけて回っており、惑星の表面温度はおよそ22度だそうです。

出典:ナショナルジオグラフィック ニュース
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20111206003&expand#title

ちなみに、現在の宇宙船の速度では、この惑星まで300万年ほどで行くことができます!

(参 考)
(1) 石器の使用がはじまったのは約250万~180万年前。ホモ・サピエンス(現在のヒト)が出現したのが約20万~19万年前。
(2)最も近い地球型惑星(グリーゼ 581)までは15光年。

December 05, 2011 NASA released
Discovered planets (Kepler 22b) is 600 light years from Earth at a distance.
・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック