スタジオグーダ!(Studio Gooda!)

アクセスカウンタ

zoom RSS 9 宇宙の大きさ

<<   作成日時 : 2017/03/07 10:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9 宇宙の大きさ【宇宙とは】宇宙との対話

・宇宙の大きさ直径約930億光年以上。[1]       ・・・0.93×10ˆ11
・宇宙が光速で膨張している面 [2] ・・・0.36×10ˆ11
・一番近いアンドロメダ銀河までの距離は約250万光年    ・・・2.5×10ˆ6
・天の川銀河のデイスクの直径は約10万光年         ・・・1×10ˆ5
・一番近い恒星までの距離は約4光年             ・・・4×10ˆ0
・太陽系の直径は、0.6×10のマイナス3乗光年       ・・・0.6×10ˆ−3
・地球から太陽までの距離は、1.6×10のマイナス5乗光年  ・・・1.6×10ˆ−5
・太陽の直径は、約1.5×10のマイナス7乗光年       ・・・1.5×10ˆ−7
・地球の直径は約13,000km=1.4×10のマイナス12乗光年 ・・・1.4×10ˆ−9
・人間の身長は約1.7m=1.8×10のマイナス16乗光年 ・・・1.8×10ˆ−16
 (人間のひとつの細胞中のDNAの長さは1.8メートル。)
・人間の細胞の大きさは約15μm=1.6×10のマイナス21乗光年
・・・1.6×10ˆ−21
・原子の大きさは10マイナス10乗メートル
=10のマイナス26乗光年               ・・・1×10ˆ−26
・ハドロン(陽子・中性子)の大きさは10マイナス15乗メートル
=10のマイナス31乗光年               ・・・1×10ˆ−31
○原子と原子核の大きさは、人間の身長と細胞ほどに違う。だから、原子を見ても原子核は見えない。(原子が地球の大きさだとすると、原子核は野球場の大きさ、電子はボールより小さい。)
・超弦理論で想定する「ひも」と「他の7個の空間次元」の大きさは10のマイナス35乗メートル
=10のマイナス51乗光年               ・・・1×10ˆ−51

☆仮に光速が宇宙の大きさの基準単位であり、大きさについて宇宙は対照的と考えると、並行宇宙の大きさは、10の51乗光年かもしれない。     ・・・1×10ˆ51
☆この場合、並行宇宙が平坦にかつ密に広がっているとすると、並行宇宙には天の川銀河のある宇宙相当の宇宙が、10の82乗個あることになる。

【参 考】
[1] Wikipedia:観測可能な宇宙
[2] 観測者から180億光年以上離れた銀河は光速を超えて遠ざかるため、観測できなくなる。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
9 宇宙の大きさ スタジオグーダ!(Studio Gooda!)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる