スタジオグーダ!(Studio Gooda!)

アクセスカウンタ

zoom RSS 50 プライドと恥

<<   作成日時 : 2017/03/20 17:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

50 プライドと恥【人生】宇宙との対話

○プライドや恥というのは、論理的な前頭前皮質ではなく、感情をつかさどる脳の領域の働きによるものです。[1]

Q:ベイジアンネットが感情を持ち得るのでしょうか? [2]
A:情動に関係する脳の組織は扁桃体・視床下部・脳幹など(感情脳・生存脳)ですが、ベイジアンネットはこれらの組織とは無関係です。
将来の人工知能設計者は、目的に応じて「好奇心」などの感情をベイジアンネットの外側に作ることになるのだと思います。

※ベイジアンネット:確率論に基づいた推論を効率的に行うための技術。 脳の機能の1つである直観と似た働きをする。脳の情報処理原理の解明の鍵となる技術。
・イギリスの牧師トーマス・ベイズ(1702年(?) - 1761年)によって1763年に発見されたベイズの定理をもとにしている。

扁桃体/視床下部/脳幹.png

【参 考】
1.「自分を変える教室」ケリー・マクゴニガル(p.294)
2. 産業技術総合研究所 > 一杉裕志 > 脳とベイジアンネット > 脳とベイジアンネットFAQ( 2011-05-26 更新)
3. NAMS出版プロジェクト
http://nam-students.blogspot.jp/2015/09/blog-post_83.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
50 プライドと恥 スタジオグーダ!(Studio Gooda!)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる