スタジオグーダ!(Studio Gooda!)

アクセスカウンタ

zoom RSS 35 意識とは?

<<   作成日時 : 2017/02/10 11:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

35 意識とは?【知性】宇宙との対話

35−1 概 要
○意識とは、自分の今ある状態や、周囲の状況などの環境を評価できている状態のこと。
・ ぼんやりした意識は犬・猫などにもある。

○意識の単位・・・ サーモスタットを1単位とすると、[1]
    花       10単位
    動物      数百単位

○意識のレベル [1]
 レベル1:空間を認識できる。(は虫類)
 レベル2:空間と社会を認識できる。(ほ乳類)
 レベル3:空間、社会、時間を認識できる。(人間)
※さらに、満足を先延ばしにできる能力が成功できるかどうかの差になる。

25 意識とは?.jpg

35−2 自己意識(self-consciousness)=自己認識=自意識
:自分自身に向けられる意識

○私的自己意識と公的自己意識[2]
・私的自己意識:自己の内面(感覚,感情,思考など)に向けられる。(前帯状皮質(anterior cingulate cortex, BA32)、内側前頭前野(medial prefrontal cortex, BA10)、後帯状皮質(posterior cingulate cortex, BA 23/31)、および楔前部(precuneus, BA7)を含む大脳皮質正中内側部構造(cortical midline structure))
・公的自己意識:他者が観察できる自己の外面(容姿や振る舞い方など)に向けられる。(脳の前頭頭頂領域)

○自己意識の存在を調べるテスト[2]:
対象の額に鮮やかなマークを塗り、次に、鏡の前に対象を置く。対象が自分の額のマークに触れようとした場合、自己意識の存在を示す証拠と考える。

・ヒトでは、2歳前後まで開発されない。[2]
・動物の中でもチンパンジーやオランウータンなどの大型類人猿、ゾウやイルカなどにはあるが、サルには無いとされている。[2]

・自己意識がなければ嫉妬も無い。



35−3 ベイジアンネット [3]
○AIのベイジアンネットは自分自身を認識する能力を持ち得る。
・ただし、「意識」という言葉は様々な意味で使われることがあるので 注意が必要。
・意識の非機能的な側面は、ベイジアンネットでは再現できない。

※ベイジアンネット:確率論に基づいた推論を効率的に行うための技術。 脳の機能の1つである直観と似た働きをする。脳の情報処理原理の解明の鍵となる技術。
・イギリスの牧師トーマス・ベイズ(1702年(?) - 1761年)によって1763年に発見されたベイズの定理をもとにしている。

35−4 量子脳理論
イギリスの数学者、宇宙物理学・理論物理学者ロジャー・ペンローズ(Roger Penrose, 1931- )は、著書『皇帝の新しい心』にて、脳内の情報処理には量子力学が深く関わっているという仮説を提示している。
素粒子にはそれぞれ意識の元となる基本的で単純な未知の属性が付随しており、脳内の神経細胞にある微小管で、波動関数が収縮すると、その未知の属性も同時に組み合わさり、生物の高レベルな意識が生起するというのである。
※ペンローズは微小管が神経伝達に関わっていると考えていたようだが、微小管( microtubule)は、細胞骨格の一種。
神経伝達は神経細胞においては膜電位の変化(アクションポテンシャル)の伝播により、神経細胞間では化学物質を介して行われる。
※ホーキングは、「仮にOR(Objective-Reduction、客観的収縮:波動関数の発展と収縮に関する仮説理論)を認めたにしても、(余りに微細なことがらなので)現実に脳の仕組みやシステムがそれに影響を受けるとは考えがたい。」としている。

35−5 量子コンピュータ [4][5][6]
素粒子は0と1というように、2つの状態(ビット)を同時にもつ(重ね合わせの状態)性質がある。
この性質をコントロールすると、少ないビットで多くの状態を表すことができる。これによって、今までは一つずつ処理していた計算を、同時に(並列的に)処理し、現在のスーパーコンピュータで数千年かかっても解けないような計算でも数十秒で解くことができる。
2011年(128)  D-Wave Systems社(カナダ)が量子コンピュータ「D-Wave」の建造に成功した。

☆意識が素粒子の属性に起因するものであるならば、量子コンピュータの進歩に伴い、AIも意識を持つ可能性がある!=非生命体知性との出会い!

35−6 人工意識(Artificial Consciousness、AC)
・人工知能に自己意識を与えることは倫理的な問題がある。
・自己意識を持つ者に対してはその個性を認め共存する必要がある。
・自己意識を持つ者を隷属させようとすれば必ず反乱を生む。

【参 考】
[1]「最新物理学が語る驚異の未来」ミチオ・カク(2015年4月)
Eテレ ニューヨーク白熱教室 20150424 意識と心
You Tube:https://www.youtube.com/watch?v=-dMt5FB6inY

※加來 道雄、Michio Kaku、1947年1月24日 –
   ミチオ・カク公式サイト
[2] 脳科学辞典/自己意識/守田知代
http://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E6%84%8F%E8%AD%98
[3] 産業技術総合研究所 > 一杉裕志 > 脳とベイジアンネット > 脳とベイジアンネットFAQ( 2011-05-26 更新)
[4] No.40 成長する人工知能(GAI)
[5] Wikipedia/量子コンピュータ
[6] 日経ビジネス/世界初「量子コンピューター」生みの親、「訂正」に挑む/西森秀稔へのインタビュー
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/215171/091400001/?rss&rt=nocnt

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
35 意識とは? スタジオグーダ!(Studio Gooda!)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる